2006,02,21, Tuesday


昔々、IPPEI くんは日本から約8000kmも離れた遥か北欧の地「フィンランド共和国」へと旅立ちました……
フィンランドエログは、現地滞在期間中の2006年1月から3月までの間に書かれた旅行記です。
さて、日本代表となったIPPEI くんにエロはあったのか?無かったのか!?
ムーミンとサンタクロースの国で孤軍奮闘するIPPEI くんの雄姿をご覧下さい。

さいとーさんはキサクナ人です

2006,02,21, Tuesday

ナパピリン・サーリチュバット

今日は俺の住んでる家の事でも書こうかと思います。
何でそんなにつまんない題材なのかというと今フィンランドより日本の方があついからです。
そう、文字通り熱い。
俺の家の下の部屋が火事で燃えました…真下が燃えてるんだからそりゃ熱いだろうね。鍋みたいなもんだ。
しかし、題名がフィンランドエログなので仕方無くフィンランドの事を書くわけです。
俺の住んでるのは「ナパピリン・サーリチュバット」っていう所です。

DVC00002.JPG

ナパピリンは地名で、サーリチュバットは「island houses」って意味らしいです。
一番イメージしやすいのがキャンプ場にあるログハウス。同じ家が30件以上並んでます。

DVC00001.JPG

その中の一番大きい家に俺たちは住んでます。さっき同じ家って言ったけど、この家だけつくりが違います。
前にお話したとおりサウナがあります。寝室は3つ。トイレとシャワーが一緒になったものが2つ。それにキッチンと食堂と居間があります。
内装についてはこれ以上教えません。ネタが尽きたときの為にとっておきます。
で、周りには何もありません。同じような家が並んでるだけです。
バスは1日2本です。シャレになってません。
とっても静かですがたまに戦闘機が飛んでくるので困ります。

| ぎょうむ日報inFilnad | 06:52 PM | comments (1) | trackback (0) |


コメント

バスが1日2本!!
うちの田舎よりひでぇ・・・

| Masa | EMAIL | URL | 2006/02/23 11:39 AM | h7U5T6ZE |