2006,03,04, Saturday


昔々、IPPEI くんは日本から約8000kmも離れた遥か北欧の地「フィンランド共和国」へと旅立ちました……
フィンランドエログは、現地滞在期間中の2006年1月から3月までの間に書かれた旅行記です。
さて、日本代表となったIPPEI くんにエロはあったのか?無かったのか!?
ムーミンとサンタクロースの国で孤軍奮闘するIPPEI くんの雄姿をご覧下さい。

さいとーさんはキサクナ人です

2006,03,04, Saturday

第二部~メキシコ料理屋~

どうにもこうにも人が集まってくる…
まずこの写真をご覧下さい↓

DVC00002.JPG

俺以外に男が二人女が一人写ってますね。じつはここ男子トイレです… 他にももう一人女性がいました。
俺トイレに行っただけなんだぜ… どうなってるんだよ…

さて、順をおって話をしましょう。
飯を食う事になりメキシコ料理屋にみんなで入りました。何を食おうかな?と思ったのですがMENUがフィンランド語で何が何だかさっぱりでした。
マリアが「英語のMENUをもらってくる」と言ったので、じゃあその隙にトイレに行こうかなと思いトイレに行きました。
トイレに入ったらやたらとピアスをつけて化粧までしてる男二人が、鏡の前でひたすらヘアスプレーを頭にかけてました。
何だこいつら?って思いましたがおしっこをしたかったので気にすることも無く用を足しました。
すっきりして手を洗うべく鏡の方に行ったらヘアスプレーをかけてる男が「コンニチワ」って話しかけてきました。
俺もコンニチワって返したらニコニコしながら「are you Japanese?」って聞いてくるじゃあありませんか。
「Yes I’m Japanese」って答えたら向こうは何故か大興奮。ディルアングレイだのマリスミゼルだの日本のビジュアル系バンドの名前を言い出しました。
どうやらこいつらは日本のビジュアル系バンドのファンらしく、そこに日本人が現れたもんだからうれしくて仕方ないらしいのです。
俺も「ガクト」だの「Xジャパン」だのって言って日本のビジュアル系のバンドの話で盛り上がりました。
そしたらそこに連れの女の子が「あんたらいつまで髪いじってんの?」って扉の向こうから話しかけてきました。
そしたら男どもはここが男子トイレなのにも関わらず「お前ら入ってこいよ。日本人がいるぞ」って言い出しました。
「えっマジ?」みたいな感じでさらに妙な格好をした女性二人と男性一人が入ってきました。
狭い便所に合計6人も入って一人一人自己紹介。
みんな憧れの人を見たような目で俺を見つめています。はっきり言ってメチャメチャ気分が良いです。
「ディルアングレイのプロデューサーはX JAPANのヨシキなんだぜ」とか「PATAの本名は石黒って言うんだぜ。HIDEは松本秀人ね」なんて少し古い情報を言ったら尊敬の眼差しですよ。
盛り上がってはいましたが「俺が戻らないとみんな料理を注文できないな」と思いみんなと握手をしてトイレから出ました。ちなみに手は洗ってません。
席に戻ってみんなに遅くなった理由を述べた後、料理を注文して待っていたら、上の写真の真ん中に写ってる男が俺の席にやってきました。
「メッセンジャーやってる?アドレス教えて。」って言われたので教えときました。
きっと月曜日にはメッセージが来ることでしょう。これで俺のメッセンジャーのメンバーにはフランス、ラトビア、フィンランドと3つの国の人が登録されました。
ちなみに俺は英語でチャットは無理です。オリビエが良くメッセージをよこしますが英語を理解するのに時間がかかるためレスポンスが非常に悪いです。
さて、そんなこんなで飯を食い外に出て車に向かったのですが、何やら窓を叩くような音が聞こえます。
振り向いてみるとさっきの奴等が俺に手を振ってます。しかも10人以上います。
何だか映画のワンシーンみたいで凄くうれしかったです。
こっちに来てつくづく日本人て凄いなと思います。日本の文化ってどんなところにも浸透してる。
コンビニで売ってる漫画の半分は「らんま」とか「ドラゴンボール」などの日本の漫画です。
みんな日本をもっと誇りに思ってもバチが当たらないぜ。

| 遊び | 10:25 PM | comments (0) | trackback (0) |