2006,03,13, Monday


昔々、IPPEI くんは日本から約8000kmも離れた遥か北欧の地「フィンランド共和国」へと旅立ちました……
フィンランドエログは、現地滞在期間中の2006年1月から3月までの間に書かれた旅行記です。
さて、日本代表となったIPPEI くんにエロはあったのか?無かったのか!?
ムーミンとサンタクロースの国で孤軍奮闘するIPPEI くんの雄姿をご覧下さい。

さいとーさんはキサクナ人です

2006,03,13, Monday

英語力

平日はマリアが朝8時30分に迎えに来ると言って8時40分に家まで来てくれます。
おかげで楽に会社まで行けるんですが、今日はその時間になってもマリアが現れません。
結局9時20分になってようやくイルッカからメールが来ました。メールの内容は…
「マリアは病気で私は今ミーティング中です。午後1時に迎えが来て会社に来るのと家に居るのどっちが良い?」
アノンに国際電話をかけたところ特に急ぎの仕事は無いそうなので今日は一日家に居ました。

それにしても問題は俺がマリアに連絡出来なかったことです。
なんぼ何でも遅いだろとは思いましたが、迎えに来てもらってる身分の俺が「一体何時になったら来るんですか?」とは言いにくいし…
日本語だったら「おはようございます。本日は何時ごろ来て頂けるのでしょうか?状況だけでもお教えいただけると幸いです。」みたいな何処と無く失礼のなさげな文章も出るんですが英語でこれは無理です。
俺の英語力だと「When will you come here?(いつここに来るんだい?)」これが限界です。
言葉が完璧でないばっかりに結構失礼な事を言ったりしてそうで困ります。
俺自身カルリスの日本語にたまにムカついてたし。面と向かってたら笑顔で対処できるけど電話だとなぁ…

| 事件 | 06:29 PM | comments (2) | trackback (0) |


コメント

確かに、思ってることとがうまく伝えられないと、大変だ。

昔、社長が外人の会社で、社長に「○○さん死ねばいいのね」と言われた人がいたという伝説。

| Masa | EMAIL | URL | 2006/03/15 05:37 PM | h7U5T6ZE |

ことばの大変さは良くわかる。
でも結構話すじゃん。まあ、あんまりかたく考えずゆったりとやれや。
| 親父 | EMAIL | URL | 2006/03/14 09:45 PM | 16DSW1ts |