2006,03,15, Wednesday


昔々、IPPEI くんは日本から約8000kmも離れた遥か北欧の地「フィンランド共和国」へと旅立ちました……
フィンランドエログは、現地滞在期間中の2006年1月から3月までの間に書かれた旅行記です。
さて、日本代表となったIPPEI くんにエロはあったのか?無かったのか!?
ムーミンとサンタクロースの国で孤軍奮闘するIPPEI くんの雄姿をご覧下さい。

さいとーさんはキサクナ人です

2006,03,15, Wednesday

another Japanese

もう一人の日本人が来ました。カルリスほど訳の分からんことしないし、日曜に帰った日本人ほどしゃべらないわけじゃない。逆に言うと理想的なバランスです。
しかも英語がぺらぺらなんでとても助かります。何で話せるのかと聞いたら大学がアメリカだったそうです。いやはや凄いね。世の中そういう人ってやっぱ居るんだな。
名前はミドリさんで29歳の既婚者で札幌から来たそうです。このプロジェクトは2回目の参加なので俺よりも色んな事に詳しいです。もっと早く来てくれてたらあたふたすることも無かったのになと思いつつも、自分で何とかしなきゃいけないっていう状況だったから来た意味があるんだよなとも思ってみたり。
とにかく昨日は久々に日本語で会話しましたよ。おかげで大分元気です。
後は日本に帰るだけだな… そういえばまだ土産を買ってねぇ。

| ぎょうむ日報inFilnad | 10:32 PM | comments (1) | trackback (0) |


コメント

大学はアメリカに海外留学、既婚者なのにそんなプロジェクトに参加出来る連れの理解の深さ、しかも2回目、当然英語ぺらぺら。

自分から見ると、スーパーサイヤ人並だな。
| Masa | EMAIL | URL | 2006/03/16 10:01 PM | h7U5T6ZE |